さちん子日記

イラストレーター福島 幸の日々の日記やお知らせです♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ大会当日です。


昨日の日本陸連のおじさん(やっぱり名前思い出せず)が言っていた、
『パンはすぐ力になる』って事を思い出して(特にフランスパン)
※カーボローディングに辺り。
パスタは力になるまでに3日、ご飯は1日、
パン(特にフランスパン)はすぐに力になってくれるらしいです


朝っぱらからパン3個、ご飯1杯を食べるオレ。
若干やりすぎな感が・・。
今あたしに出来る事と言ったら、もはやカーボと、水分補給しか
ないのだ。(笑)


会場までそんなに遠くはないものの、タクシーで横付け。
(沖縄の1メーター・500円で到着。歩けよ)

既にさっちゃんはド緊張500%に達しておりますが、あーたんは何やら
全然緊張していない模様。←え
この旅行で思い出したけど、この人焦るほどポジティブな人だった・・。
あたしそんなにネガティブじゃないと思うけど何度
『どんだけネガティブよ?!www』と言われた事か・・・。

練習不足でも『行けそうじゃね?』を連発。

あーたんのそういう所、さちおねいちゃんはすごいって思うよ。(笑)


スタート1時間前に整列を始めて、ドキドキその時を待っていたのですが、
今日は大きな大会なだけあって、仮装をしている方が沢山いらっしゃいます。
さっちゃん的に一番ワロタのがこの軍団で・・・
市川AB蔵達
市川AB蔵軍団!!!(爆)↑4人組
背中に『市川AB蔵』って書いてなかったら一瞬わかんねー
でも全員、手には『お~いお茶』wwwwww
タイムリーな話題で激烈ワロタwwwしかもクオリティーが微妙で
全員頭と坊主カツラが合ってなくて髪の毛見えてますwwwwwwwwwww

そのほかにも、スケスケセクシーミニーちゃん(おばさん)やら、
ゴ―ヤマン(頭がゴ―ヤ)やら、ピカチュウ(すっげー負荷かけてます)やら
楽しい仮装の方が沢山いました^^

でもやっぱりAB蔵軍団最高だったなあ・・・。






ピポッ

いよいよド緊張1000%の中、スタートの時間です。
昨日までの灼熱地獄とは打って変わって、曇り空の中のスタートで
ちょっと安心、でもあまり汗をかかないわたしでもじっとり
汗はかいております。このままの気候を保ってくれたら・・。

後方からのスタートだった我々は20分近く経っていよいよスタートラインを越えました。
さちゃーんとあたーんの那覇マラソン、スタートです!!
スタート!
いえーい


当初、わたしは1kmを7分30秒ペースで、あーたんは7分20秒ペースで
コツコツ走っていくと言う計画を立てたのですが・・・。
いきなり緩やかな坂だとかでうまい事ペースがつかめません。
そんなに早くないペースなのでひとまずあーたんと一緒に行く事にしました。

10km手前。ずっと我慢していたけど、今がチャンスなトイレを発見、
わたしはトイレに、あーたんは先に、我々は別れることにしました。

トイレは無事、すぐ順番が回ってきて5分位でレースに戻り、
一人旅の始まりです。


何km走った辺りか、沿道からラジオが聞こえて来て、なんと!優勝インタビューが
始まってるじゃないスカ!!!!!わたしはまだ20kmにも到達していないと言うのに!

隣でたまたま並走していた知らないおじさんと思わず目を合わせて
『早っ!!!』
と、笑いあってしまいました。

そしたらその知らないおじさん、手に持っていたまだ未開封のDAKARAを
わたしにくれまして、これがこの後あたしの命の水になるのでありました。



この大会、関門が2つありまして。

ひとつは、ハーフ(21.3km地点)を3時間15分、
そしてもう一つが33.1km地点を5時間で通過しなければなりません。

21.3kmの関門辺りがアップダウンの最高地点で、ここまでどれだけ足に負担をかけないかが
この後のレースを左右するであろうと言う事は容易に想像できるのですが、
わたしの様なしょぼくれはそんな事考える余裕もなく(-_-;)とにかく前に進むのみ。
何とか3時間6分で(ロス25分含む)第一関門通過。

第一関門を通過した後、何故だか周りの人の歩く比率が格段に多くなってきています。
歩く人たちをぐんぐん抜かし、(走りは遅いけど、さすがに歩く人よりは早い)
『オレもう駄目だわ―』とか言ってる人を『しっかりしろ!!』なんて
思ったり←余計なお世話wwwwww

中間地点を過ぎてからしばらく走っていたら『さっちゃん!』と声をかけられて
声の方を見るとあーたんじゃないですか!

こんなところで知ってる人に会うとウレピー♪なんて思いながらしばらく
ついて行きますが、若さでしょうか。あっという間に先に行かれます。(笑)

しかし私設エイドで追い付き、また先に行かれ、を繰り返し、
23km辺りでちょっと元気だったわたしが先に行きました。

このまま行けば、行けそうな気がするぅ~~~なんて思いつつ、とっても綺麗な
海を横目に素晴らしい景色と素晴らしい私設エイドと素晴らしい地元の方々に
背中を押され、とにかく前へ進みます。
牛走ショボクレランナー、28kmを過ぎた辺りでなんと灼熱のあの太陽がまた
顔を出してきました(-_-;)ウオッ!今か!
灼熱の太陽を浴び、あんだけ走る直前まで食べていたエネルギーがなくなり、
更に若干血の気が引いてきてしまい、よく30kmの魔物とか言いますけど
29kmで魔物がいらっしゃったようで、遂に29kmを過ぎた辺りで歩き始めてしまいました。
30kmの魔物

でもまだ諦めていません。

第二関門まであとkm何分でいけば着くかな・・
ちょっと余裕をもたないと残りの10km間に合わないぞ・・
計算したいけど頭まで栄養が回ってない様で全然計算できず(~_~;)
とにかく止まるのだけはダメだ!と、ひたすら歩きます。

エイドでバシャバシャお水を浴びて31km過ぎからまた走りだします。

少しでも早く関門を通過してゴールするぞ!

そんな思いでいっぱいです。

ふと歩道に目をやると、・・・AB蔵さんがいるじゃないですか!!!
AB蔵、一人発見。
AB蔵さん、ちばりよ~!!←心の声

関門が目の前に見えて来て、やった!ひとまず関門は通過だ!!
しかも関門の向こう側右手には15人程のかわいい純朴高校生男子達がハイタッチのポーズ!
これは行かなきゃなるめえ。ハァハァ←
パラダイス


さっちゃん、関門の3分前にこれまで走路を左側に取っていたくせに
突然右側に進路変更し、純朴高校生男子達に絡みつくように(嘘です笑)
ほぼ全員とハイタッチをかまし←他で力を使いなさい
なんとか通過です!!!

しかし。この時点で1km8分以上かかっているのに
現実的にこのまま走っても残り10kmをあと1時間15分では間に合わず。
ひとまずあーたんが来るのをストレッチしながら待つ事にしました。

それから関門が締まるカウントダウンがはじまり、明暗の差を目の前で見て
なんだか切なくなりました。
そういやあーたん・・どうしたかな?水色のTシャツを探していると、
エイドで水をがぶがぶ飲んでいるあーたん発見wwwwwww

どうやら関門の30秒前に通過したらしくwwwwwwwwwよくやった!!

しかし我々にはこの後10kmを走り切る余力はもはやなく、
行ける所まで行こうと歩くことに決めたのでした。


つづく。

スポンサーサイト
テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://sachinko85.blog55.fc2.com/tb.php/554-6535fc1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。